低温センター吹田分室
〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-1
TEL.06-6879-7985(ヘリウム液化室)
低温センター豊中分室
〒560-0043 大阪府豊中市待兼山町1-1
TEL.06-6850-6090(ヘリウム液化室







概要OVERVIEW

吹田分室のなりたち

 昭和40年頃から工学部の吹田地区への移転に伴い,吹田地区にも独自のヘリウム液化装置を持つべきであるとの要望が強まり,43,44年に特別設備費が認められ,液化機および480 ㎡の現在の建屋が設置されました.さらに低温工学の発展期に応じて,180 ㎡の共同実験室が昭和47年に増築され,54年には低温脆性試験機およびそのための部屋が設置され,大阪大学のみならず関西地区にわたる低温工学の中心的存在としての地位を築き,今日に至っています.

吹田分室小史

昭和41(1966)年 低温センター新設の概算要求着手,工学部の東野田か
          ら千里丘陵への移転作業始まる
昭和44(1969)年 低温センター(当時は工学部附属)の建屋480 m2完成,
            水素・ヘリウム液化装置(三菱UL-80H)据え付け,大
            型ヘリウム液化装置(三菱UL-150E)据え付け
昭和46(1971)年 学内共同利用施設 低温センター発足
昭和47(1972)年 共同利用実験室180 m2増築完成
昭和52(1977)年 ヘリウム液化装置(UL-150E)のエンジン改造.能力ア
            ップ
昭和54(1979)年 低温脆性試験機室完成,同試験機据え付け
昭和56(1981)年 蛋白質研究所予算によるヘリウム液化装置(CTi-1410)を
            設置,水素液化機を超伝導工学実験センターへ移設,
          長尺ボンベ180 Nm3を増設
昭和58(1983)年 ヘリウム回収圧縮機(昭和精機SCH-40)を増設
昭和59(1984)年 長尺ボンベ180 Nm3を増設
昭和63(1988)年 長尺ボンベ180 Nm3を増設(貯蔵能力 1020 m3
平成17(2005)年 ヘリウム液化装置更新(Air Liquid社製Helial2000,
          200 ℓ/時)
         (Air Liquid社製Helial2000, 200 ℓ/時)
            長尺ボンベを増設(貯蔵能力 2520 m3
平成22(2010)年 長尺ボンベを増設(貯蔵能力 4020 m3
平成30(2018)年 ヘリウム液化システム更新(Linde社製L140, 114 ℓ/時)
            長尺ボンベを増設(貯蔵能力 6900 m3

ヘリウム供給量の推移

 現有設備のほとんどは平成17年度に運営費交付金・特別教育研究経費の予算措置を受けて更新を行ったもので,設置から約10年が過ぎようとしています.一般にヘリウム液化装置の耐用年数は10年と言われており,現有設備におけるトラブルが急激に増加・深刻化する傾向にあります.特に平成26年10~11月に発生したトラブルでは,吹田キャンパス内への液体ヘリウム供給を一時的に停止する事態となり,大きな影響が出ました.今後,供給停止を伴うトラブル増加が見込まれ,本学における教育研究を安定して実施できなくなる恐れが高まったため,一刻も早い設備更新が必要です.


低温センターからのお知らせ
◆吹田分室
2018年4月より吹田分室のヘリウム
 液化機と液体窒素くみだし場がリニュ
 ーアルされました。液体窒素のくみだ
 しにはバーコードが必要です。詳細は
 吹田分室にご連絡ください。

◆豊中分室

ヘリウム回収純度モニターの試験運  用を開始しました.
液体ヘリウムの予約方法は
こちら
 御覧ください.
新しいヘリウム液化装置が稼働を始
 めました!今回の更新での撤去,搬入
 の様子です.こちらをご覧下さい.
低温センターキャラバン実施中.ヘ
 リウム回収ラインや実験装置に漏れが
 無いかチェックしてください.
液体窒素の自加圧容器は期限内に容
 器再検査を受検してください.